スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、こんにちわ。
川崎ダルク家族会です。

12月の家族会は神奈川県立医療センターの
ソーシャルワーカー 井上恭子先生をお迎えしました。

現場で長くお仕事をされていらっしゃるので
薬物依存の治療について具体的なお話を
沢山きくことができました。

薬物依存の治療機関を選ぶとき
・認知行動療法
・動機づけ面接
などのことばが入っているところを選ぶとよいそうです。

また、薬物依存者を抱えた家族は
なんとかやめさせようと
監視しようとします。

でも監視しても無駄です。
どこかから手に入れて薬を使います。
そして監視疲れをして、家族はよれよれになります。


ただし、そういう巻き込まれの経験も
無駄ではないそうです。
そんな嵐のような経験をして
はじめて距離の取り方がわかるからです。

多くの家族が思いあたることだと思いますが
無駄ではなっかたよ、と言っていただけて
少しホッとしました。

さて、元気になれる家族会のお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎月第2土曜日
13時30分~17時
川崎総合自治会館にて(武蔵小杉駅より徒歩7分)
       ↓地図
http://www.jichizaidan.or.jp/koutuu.htm


2016年1月9日
  講師:茨城ダルク「今日一日ハウス」代表
      岩井 喜代仁氏
        (テーマ:平安の祈り)

2016年2月13日
  講師:群馬ダルク 施設長 平山晶一氏
              スタッフ 福島ショーン氏
    (テーマ:家族の回復)

参加費:一家族2,000円 いただいてます。

依存症者のご家族、友人、パートナーなど、どなたでも参加できます。
(川崎ダルクに通所、入寮していなくても結構です)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。